未来のコンパス

教育、環境問題についての思いや学びについて綴ります。

子どもを大事にするならば

今週のお題「100万円あったら」

子育てはお金がかかる

子育てではお金がかかるのは皆さんご存じの通りです。

無償のはずの義務教育でも、制服代、各種教科用品、PTA会費などかかります。

PTAは義務ではないので、払わずに入会しない手もありますが、現実は難しい。

そういうわけで、無償のはずの義務教育段階でも、お金がかかります。

給食費もかかりますし、学級費もあります。

校外学習にもお金はかかります。

おそらく、小学校6年間だけでも100万円はかかっているのではないでしょうか。

f:id:saho-tamura:20210623074611j:plain

彫刻刀や裁縫道具、習字用具などは、学校で用意した方が良いというのは持論です。

教員も子どもも忘れ物に悩むことも少なくなると思います。

実際は予算の関係で難しいのかもしれませんが、一考の価値はあると思っています。

高等学校無償化は?

高等学校の無償化も、現実には収入に応じた負担があります。

しかも、私学助成がでるとなり、私立学校を選ぶ人も増えているようです。

しかし、実際はやはり収入に応じた負担があるのは上に書いたとおりです。

f:id:saho-tamura:20210623074751j:plain

しかも、その金額が公立学校の比ではない!

何にかかるかというと、まず制服が高い!靴から靴下まで全て指定の所も多いです。

施設管理にかかるお金も公立より高いです。

それこそ100万円単位になってきます。

それを知った上で、高校選びをすることをおすすめします。

大学は?

多分ここが一番お金のかかるところだと思います。

100万円どころではない金額が一気にかかってきます。

まずは入試からしてお金がかかります。

入試の時系列によっては、入学金まで入れて違う学校に入学する場合があります。

入らない学校の入学金もいくらか払います。

そして何よりつらいのは国立大学の授業料が値上がりしていることです。

f:id:saho-tamura:20210623074857j:plain

わたしが大学生時代にもじりじりあげられていました。

今ではすでにそのころの倍くらいになっています。

給付型の奨学金に応募しても審査は厳しいです。

貸与型は借金になってしまいます。

子どもを大事にするならば

人生のスタートで借金から始まるのはおかしいですよね…。

子どもたちはこの国の未来です。

その子どもたちを大事にしない国に未来はあるのでしょうか。

子どもたちを本当に大事に思うのならば、こういう状態を変えて欲しいと思います。

公教育にお金をかけると

今週のお題「100万円あったら」

 

100万円で、学校でできること

学校のような大所帯では、100万円はあっという間ですね。

会社でも同じだと思います。

公立学校の場合、難しいのが取り扱いを備品にするか消耗品にするかです。

備品の場合、何年も大事に保管しなくてはなりません。

(場合によるとわたしが生まれた昭和の頃の備品が現役で残っていたりします)

f:id:saho-tamura:20210622072955j:plain

壊してしまったりなくしてしまったりしたときには実費で弁償ということもあります。

ですから、備品では管理が大変なのです。

しかし、多くの場合学校で購入すると備品扱いになります。

理科の実験用具

大型の実験器具や備え付けのものは仕方がないと思います。

例えば、振り子やガスバーナーなどは、備品扱いでしょう。

しかし、ビーカーや試験管、ガラス棒、温度計などガラス製品なども備品です。

スライドガラスも備品です。

へたをするとスライドガラスの上にのせるあの薄~いカバーガラス。

f:id:saho-tamura:20210622073042j:plain

あれも備品に入っていることもあります。

だから、あのようなものでも注意して、丁寧に洗って何度も使うようにしています。

小学校では割れることは続出するので、その度に理科主任に報告です。

これらは、学校によって実態が違います。

市町村が教育にお金をかけてくれるところでは、消耗品になるところもあります。

いわゆる「理振」は、備品しか買えない紐付きのお金です。

国から下りてくるお金で、理科教育の推進のために使うものです。

お金をもらえるのはありがたいのですが、現場で欲しいのは消耗品。

備品の充実は進んできていて、金額も中途半端なので使いどころの難しいお金です。

図書室の本

図書室の本も備品です。

だからなくしたり壊したりすると、弁償になる場合もあります。

わたしの勤めていた経験では、一年に多いときで80万円くらいでしょうか。

それでも、子どもたちに人気の本はすぐに傷みますので買い換えます。

f:id:saho-tamura:20210622073234j:plain

それと課題図書、辞書類、シリーズものの続きを買うとあっという間になくなります。

しかも、小学校では管理が難しく、なくしてしまう子もいます。

その都度、台帳にその旨を書いて新しいものを購入して弁済してもらいます。

かわいそうですが、仕方がありません。

公費で買っている分、これは厳しくしなくてはならないのでしょう。

しかし、子どもたちが本嫌いにならないか、密かに心配してしまいます。

毎年、紛失がないかチェックするのもとても大変です。

体育のボール

ボールも備品です。

休み時間に遊べるように、体育主任が用意したり何個配布するか決めたりします。

ボールの数も数えています。

f:id:saho-tamura:20210622073344j:plain

ボールには番号を書いて、管理しています。

これらも消耗品で良いのではないかと思うほど大事にします。

ドッジボールやバスケットボールは表面のざらざらの部分がすり減っても使います。

ものを大切にするのは大事だけど

ものを大切にするのは大事なことです。

なくなったり、壊したりしても平気、というのでは困ります。

でも、過剰に大事にして子どもたちに負担をかけたくないと思います。

 

f:id:saho-tamura:20210622075054j:plain

ものを大事にしすぎるあまりに、子どもたちが安心して使えないのでは本末転倒。

そうならないように、国や市町村には教育にお金をかけて欲しいと思っています。 

クリティカルシンキングとトライアンドエラー

今週のお題「100万円あったら」

 

クリティカルシンキング

教育ではクリティカルシンキングが大切です。

何事もまずは疑ってみることを学びましょう。

f:id:saho-tamura:20210621072039p:plain

大学ではまず最初に学ぶのではないでしょうか。

クリティカルシンキングでは、このようなお題が出た場合、お題を疑います。

「なぜ100万円なのか」

「100万円でなくてはならないのか」

「どこから来た100万円なのか」

「100万円ちょうどなのか」

などといったように、さまざまな疑念を持って考えていきます。

そうすることで問いを立てる力がつきます。

問いを立てる力

社会で生きていく上でうまくいかないことはたくさんあります。

その時に、何がうまくいっていないのだろうと悶々としていては始まりません。

何が悪いのだろうと自分や環境を疑って見ていくことから、改善が始まります。

f:id:saho-tamura:20210621072151j:plain

よく観察すること、さまざまな角度から見ることで改善策などが見えてきます。

「10万円だったら」

「もしかしたら犯罪で手に入れたお金かもしれない」

「100万円をちょっとくらいなら過ぎても大丈夫なのか」

「いくらくらいオーバーなら大丈夫なのか」

「使ったら返さなくてはならないのか」

「使った分利息が取られるか」

そのような疑念がわきます。

それによってもちろん行動が変わってくるのです。

間違えても良い

そこまで考えても、実際に動いてみるとうまくいかないことがでてくるでしょう。

その時にまた、同じようにどこがうまくいっていないのか考えるのです。

そして行動。

トライアンドエラーです。

学校では本来このような学びがなされる時間をたっぷり取る必要があります。

f:id:saho-tamura:20210621072255j:plain

ところが今は学習内容が多すぎて、エラーせずに効率的に学ぶことが求められます。

それでは真の学びにならないということは、多くの人の感じるところだと思います。

以上見てきたように、たかが100万円ですが、大きな学びにつながります。

これは、学級活動などで小学校高学年以上で話し合ってもおもしろそうです。

自分育ては人のため

今週のお題「100万円あったら」

多分、本に消える

うちの場合、100万円だとほぼ本に消えるのではないかと思います。

f:id:saho-tamura:20210620190719j:plain

一冊の値段が高くて断念していたものやシリーズ物などを買うでしょう。

それできっと無くなります。

本に使えなかったら

旅行、と行きたいところですが、今のご時世ではちょっと無理。

そうなると、レンタルDVDなどになるでしょうか。

レンタルして面白かったものを買うことになるでしょう。

ほとんどが名作になると思います。

名作と言われる昔の映画のDVDはかなり揃ってきています。

f:id:saho-tamura:20210620190843j:plain

名作は名作といわれるだけあります。

今の社会問題にもまだまだ問いかけ続けているものばかりです。

今後、何を揃えるか考え所です。

スポーツ観戦は

スポーツ観戦もしたいです。

でもコロナ禍で観客数も減らしているので、なかなかチケットを取りづらいですね。

お金を使いたくても、そこでは使えないかもしれません。

ちょっと貯めておいて、使う手もあります。

f:id:saho-tamura:20210620190949j:plain

ラグビーワールドカップ・フランス大会に行くのもいいかもしれません。

あ、でも100万円では足りないかも。

日本で開催されてわかりました。

全てを堪能しようとすると、チケット代だけでなく時間もかかります。

ラグビーワールドカップの場合、1ヶ月以上の長丁場。

観光しながらの楽しい旅になりそうです。

やっぱり100万円では足りないですね。

全ては自分の糧になる

こう考えてみると、どの行動を取ったとしても、同じ所に行き着きます。

全て自分の糧になる、ということです。

あえて人のためにすることはのぞきました。

自分のために使うことで、人のためにつながっていくこともあるかもしれません。

世の中は全てつながっています。

f:id:saho-tamura:20210620191228j:plain

悔いのないお金の使い方をしたいですね。

権利が保障される時代

 

映画『HOKUSAI 』から

hokusai2020.com

葛飾北斎

聞いた方がほとんどでしょう。

それでも詳しく知っている方は少ないかもしれません。

わたしもそうです。

もちろん映画はフィクションです。

ですから、歴史の学習のきっかけとしては良いと思いますが鵜呑みには注意。

ここで思った以上に学習したのでシェアしたいと思い書くことにしました。

表現の自由

不自由な社会になるのはなぜでしょう。

表現の自由といえば愛知トリエンナーレの一環、表現の不自由点とその後。

ここでは冒頭から浮世絵の版元へのがさ入れから始まります。

とてもにタイムリーな内容で、これを作るには勇気がいることだと思います。

しかし、そこには表現者の切実な思いが込められているように感じました。

f:id:saho-tamura:20210619221418j:plain
映画では不自由さと戦い続けている人々が描かれています。

人権が保障される時代

人権という考えは1500年代に遡ります。

ロックあたりからからさかんになってきました。

それほど新しい考え方ではないとも言えるでしょう。

もちろん、その当時の人権に女性や子ども人種差別などはありました。

f:id:saho-tamura:20210619221238j:plain

 

しかし、その時々で問題となり続けてきました。

そしてだんだんと改善の方向に向かっていると信じていたいというのは本音です。

言いたいことを自由に言えることにリスクが伴っているのが現代社会です。

やりたいことを自由にやれることも、難しくなってきています。

自由は権利

歴史をひもとくと、ガリレオは教会と対立。

地動説を取り下げることになりました。

f:id:saho-tamura:20210619221732p:plain

ルターはカトリックの教義に不満を感じ、95箇条の論題を提示しました。

その結果、身を隠す必要性が生じました。

ワルトブルグ城の狭い一室にかくまわれる生活を送りました。

信仰と科学

権威は人を操作したがる傾向にあります。

そのためには極端になると焚書坑儒がおこることもあります。

近くはナチスドイツに見られたものでしょうか。

権威を持つ側はそれを貶めようとするものに脅威を感じます。

そしてそれを弾圧するようになったら危険だと思って良いかもしれないと思います。

そこで、重要になってくるのは表現の自由と学問の自由です。

f:id:saho-tamura:20210619221954j:plain

それが保障されて世の中の進歩が保障されると思います。

ぜひ映画を見て簡単にその様子を感じて欲しいと思います。

自由に批判できる環境であることは健全さを保たせます。 

図書館で充実読書ライフ

今週のお題「575」

図書館を 使い倒して みるならば

図書館に行く時間がない

図書館もだんだんと遅い時間までやってくれるようになりました。

ベストセラーはなかなか順番待ちが長くなります。

本の名前を見るのも楽しい。

まずはフロアをゆっくり見て回るのが良いと思います。

f:id:saho-tamura:20210618080522j:plain

それでも時間がないときには、気になる書棚だけを見るのでも良いと思います。

司書さんに相談

貸出カウンターにいらっしゃる司書さん。

ただのピッとする人と思っていませんか。

彼らは本のスペシャリストです。

なんでも相談しましょう。

f:id:saho-tamura:20210618080931j:plain

特定の本についての問い合わせだけではなく、

  • こんな本ありませんか
  • 〇〇について調べたい
  • 本のリクエス
  • 閉架書庫にある本の取り出し

などなど。

裏ではもっといろいろやっていますが、それは割愛します。

時間がない時には、相談して揃えておいてもらうことをお願いできる時もあります。

本を読む時間を捻り出す

仕事をしていると本を読む時間がないと思います。

わたしも仕事をしているときには読書量は減りました。

でも、ちょっと工夫すると時間はできました。

一休みしながら読んだり寝る前に少しだけ読んだりと、読もうとすれば結構読めます。

子どもが小さい人は、子どもの寝ている間、機嫌よく遊んでいる間、など。

合間を見て読めます。

少し大きくなってくると、一緒に本を借りられます。

f:id:saho-tamura:20210618081041j:plain

自分が本を読んでいる間は少しの間、放っておいてくれるようになったりします。

素敵な本と出会うには、本屋さんも良いのですが、無料の図書館がおすすめです。

特にお子さんの本は繰り返し読む本だけ買うようにすれば良いと思います。

繰り返し読む本は決まってきて、図書館で5回も6回もリピートします。

そうなったら買ってあげても良いかな、というのがわたしの判断基準でした。

無料とは言っても、税金で運営されています。

使われて始めて役に立つ税金の使い方になります。

ぜひ利用して有意義な読書ライフになることを願っています。

歳時記を手元に

今週のお題「575」

歳時記を 手元に置いて 始めよう

俳句は母から

わたしが高校生の頃、母が俳句を始めました。

句会に入って、せっせと作句していました。

その影響で、わたしも就職した頃から少しずつ作り始めました。

f:id:saho-tamura:20210617191851j:plain

お〜いお茶」の俳句大賞に応募したりしています。

それなりに賞をもらうこともあります。

でも、独学といえるほど勉強しているわけでもありません。

だから、年がたつにつれて良い句が作れなくなってきました。

ネタが尽きる、という感じでしょうか。

歳時記をめくる

ネタ探しのために歳時記をめくるようになりました。

知らない言葉がたくさん出ていて面白いです。

f:id:saho-tamura:20210617191807j:plain

日本語の世界も、豊かでも知らないと使えませんね。

もっと知りたいと思います。

Instagramでも

写真を撮って合わせた句を、Instagramに投稿することを昨年は続けていました。

でも、良い写真と良い句がちょうどよくできることが難しいです。

f:id:saho-tamura:20210617191723j:plain

今はちょっと休んでいます。

それでも、同様に投句している人がいるので、見ると勉強になります。

また勉強

やはり何かもう少しちゃんと勉強したほうがいいかな、と思い始めました。

積読の山を早く解消して、図書館で俳句の本を借りたいと思っています。

f:id:saho-tamura:20210617191939j:plain

豊かな日本語、自分の気持ちをぴたりと表現する言葉選び。

それができるように勉強したいと思います。