Something New

教育、映画、本、アロマテラピー、俳句、環境問題、人権問題など気になったことをどんどん書いて、知識のアップデートを図ります。

生ゴミ堆肥化実験 その11

 

一カ月経って

ついに今まで畑にしたことのあるところは全部使ってしまった。

はじめに埋めた所は12月4日をもって1カ月経った。

そこで掘ってみることにした。

f:id:saho-tamura:20191208131112j:image

開けてみると…。

f:id:saho-tamura:20191208131135j:image

赤玉ねぎの芯のところと、えのきのいしづきの部分らしきものが出てきた。

あとは見当たらない。

だいぶ分解されたようだ!

でも、まだこれでは新しい生ゴミを入れることはできない。

新たに一ヶ所掘ることにした。

 

新たなる一歩

物置の隣は空きスペース。

以前は小さな物置を置いてあったところだ。

カチカチなのであまり気が進まないが、掘ってみた。

やっぱり…。

f:id:saho-tamura:20191208131613j:image

シャベルが立つほどの粘土質。

f:id:saho-tamura:20191208131650j:image

掘った土もゴロゴロして硬い。

掘った私の腰もカチカチ

f:id:saho-tamura:20191208131613j:image

果たしてここは、生ゴミを分解してくれるのか?

そして畑にふさわしい土に変わってくれるのか?

うちは自給自足生活に一歩近づくことができるのだろうか⁉️

ラグビーの楽しみ広がる パナソニックのファンフェスタチケット到着!

ファンフェスタのチケット到着

パナソニックファンフェスティバルのチケットは売り切れてしまったようだ。

2000人分用意したのが売り切れ、1000人分追加。

それも売り切れ。

幸い、チケット確保できたことは以前お伝えした。 

saho-tamura.hatenablog.com

 

そのチケットが届いた!

f:id:saho-tamura:20191207195431j:image

中身はしっかりしたカード。

f:id:saho-tamura:20191207195058j:image

28日が楽しみだ!

 

各チームでファンサービスイベント

私がフォローしているチームの公式ツイッターにも変化。

練習の見学感想、公式ツイートへのリプライが、昨年に比べてグッと増えたように思う。

ファンからの要望なども聞いてもらえているようで読んでいて楽しい。

土日にはイベントに参加した人のツイートがたくさん入ってくるようになった。

選手とのツーショット写真などアップされている方なども多数見かける。

 

男女セブンズも面白い! 

セブンズの情報も増えている。

セブンズはその名の通り、7人でフルコート。

だからものすごく動く。

バンバンパスもするし、ダッシュもする。

15人とはまた違った面白さがある。

World Rugby JpをTwitterでフォローすると、たくさん情報が入るし、動画も名場面の解説付きでしてくれている。

 

一度見てみることをおすすめする。

セブンズのルールを知りたい方はこちらをどうぞ。

 

 

 

大雪・12月7日

大雪は特に季語にはなっていないが、意味合い的には冬至前15日を指すようである。*1

 

要するに冬至前のカウントダウンである。

「うわ、冬本番、やって来ちゃうよ!ひ~!」

「すわ、ここからが我慢のしどころぞ!」

といった心境か。

高島暦には「天地閉塞」とある。*2

雪で閉ざされた景色をイメージする。

f:id:saho-tamura:20191207093939j:plain

ちまたでは西洋化が進み、アドベントカレンダーもだいぶ普及し始めた。

f:id:saho-tamura:20191207093244j:plain

アドベントカレンダーにはクリスマスや新年への期待、希望のような明るい心持ちがあるように思えるのだが、大雪には「覚悟を決めなくては!」という身の引き締まる思いが感じられる。

 

この時期には暖房器具は必須となる。

最近ブログに上げた湯たんぽ。

 

saho-tamura.hatenablog.com

これも季語になっている。

先づよしと足でおし出すたんぽかな 一茶*3

今も昔もやっていることは変わらないとほほえましくなる句である。

ちなみに、この湯婆(たんぽ)の解説に

最近は、電熱保温機などが普及して、湯婆も物置の奥にしまわれたままになっている。やがて容器を見ただけでは、なにに利用されたのか分からないまでになってしまうだろう。*4

 とあるが、近年のエコブームにより、湯たんぽも復活しつつあると思っているのは私だけだろうか。

これからも使われ続けてほしい優れものである。

*1:参考 コトバンク

*2:髙島暦出版本部編纂 東京 神正館蔵版 平成三十一年髙島暦 髙島暦出版株式会社 p19

*3:大野林火監修 俳句文学館編 ハンディ版入門歳時記 角川書店 p422

*4:同上書p422 

脱プラ生活 お茶からプラを減らす

私は休日の朝食には紅茶を飲んでいる。

プラスチックフリーの本を読んでいたら、パックからも有害物質が出てくるという。

プラスチック・フリー生活  今すぐできる小さな革命

プラスチック・フリー生活 今すぐできる小さな革命

 

そんなに神経質ではないのだが、なければないにこしたことはない。

今まで使っていたのはオーガニック紅茶。

しかし、紙で個包装されたバックが、ビニルに5個ずつ包装されている。

さらに紙箱に入って、その上をビニルパッケージされて売られていた。

「オーガニックでもこれではなあ」

と思い、ちょっと変えてみた。

 

オーガニックではないし、紙袋でも量り売りでもないのだが、プラ袋に入った紅茶

持って帰って、瓶に入れて保存

この茶葉を急須に入れて、日本茶と同じように入れる。

f:id:saho-tamura:20191207073317j:image

これだけで

の5つが減る。

 

ダンナの休日の朝はコーヒー。

個包装の1杯用ドリップ式を使っていた。

ついでだからこちらもチェンジ。

数年前、ペーパードリップをやめ、手拭いでフィルターを作成したが、しばらく使っていなかった。

そのドリッパーを使い、コーヒーカップに直接落とす。

f:id:saho-tamura:20191207073407j:image

コーヒーはひいてあるオーガニックの物を使う。

これはプラパックに入っているのが残念。

ずっと前から使っている缶に入れ替えて保存。

これで

  • ドリッパー
  • ドリッパーの個包装
  • ドリッパー20個が入っている袋

のゴミが減る。

 

コーヒーも紅茶も入れたあとの茶殻やコーヒー殼は庭に埋め立てる。

ほぼゴミは0!

はじめのパッケージだけ!

これで1〜2ヶ月はもつ。

ハーブガーデンへの誘い、再び【アーユルヴェーダのトリートメント】

 

先日行ったハーブガーデン【薬香草園】

 

saho-tamura.hatenablog.com

まずはメインのトリートメント 

ここで12月5日にアーユルヴェーダのトリートメントの予約をしていた。

アーユルヴェーダスリランカ中心に伝わる医学

体のエネルギーの乱れを整えることで体調を整えていくものらしい。

エネルギーは3種類。

ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)

このバランスをとることが体調を整えるキー

日本ではトリートメントとして行われている。

主にオイルを使ったマッサージ。

f:id:saho-tamura:20191205200414j:plain

オイルにも種類があって、施術の前にカウンセリングをして、どのオイルが良いか、決めてくれる。

自分の体質だけではなく、その時の体調に合ったものを使ってもらえるという、なんとも贅沢なような、ありがたいトリートメントである。

今回、ハーブスチームとバスの代わりにピンダをしてもらった。

ピンダは大きなたんぽで熱いオイルをぽんぽんと当ててくれる。

さらに、仰向けになった状態で、おでこにオイルを垂らしてくれる。

これは、苦手な人もいるそうだが、私はとても気持ちよく、頭の中が空っぽになるような感じだった。

f:id:saho-tamura:20191205201424p:plain

最後には体の芯からぽっかぽか。

今日は残念ながら、体調の都合でハーブスチームとハーブバスはできなかった。

またの機会にぜひ体験したい。

 

その後は【ヤハラテナ】でランチ

相変わらずおいしいヘルシー!

f:id:saho-tamura:20191205194116j:image

 

もちろんガーデンも

もちろん外のお庭も軽く散策。

レモン発見!

f:id:saho-tamura:20191205194154j:image

ネコちゃんがキャットミントを食べていた。

近づいたら逃げちゃった。

その後、見つけたときには日向ぼっこしていた。

f:id:saho-tamura:20191205194501j:image

 

本日のお買い物

体を冷やさないようにとのアドバイスをいただいたので、オーガニックのカモミールティと、持ち運びができるアロマストーンを購入。

f:id:saho-tamura:20191205203453j:image

マイバッグ持参で袋はもらわなかったので、シールを貼ってもらってある。

今日も気持ちよく帰途についた。

f:id:saho-tamura:20191205194811j:image

また来よう。

今度こそ!

ハーブスチーム&ハーブバス!

f:id:saho-tamura:20191205194833j:image

 

ただいま 

 帰ってきて、すぐにアロマポットたき始めたよ!

あの空気、ディフーザーの効果もあるだろうな。

建物に近づくだけでいい香りのする所だ。

庭仕事、またがんばろう。

家の中も気持ちよくしよう。

こんな気持ちにしてくれるところ。

【薬香草園】

寒い夜には湯たんぽ!

冬の夜と言えば湯たんぽ。

子どもが使っているのはニュージーランドでいただいたゴム製の湯たんぽ。

f:id:saho-tamura:20191204204635j:plain

自然素材由来でできているので、柔らかいのが好きな方にはおすすめしたいところ。

しかし、日本ではあまり見かけない。

Amazonで湯たんぽ検索すると柔らかいものもあるが、ほとんどが塩ビ(PVC)製。

塩ビは発ガン性物質とされている。

「天然ゴム 湯たんぽ」で検索する必要がある。

 

 

 

今は電気アンカや、電子レンジで温めるタイプのものもある。

おすすめは頑丈なトタンの湯たんぽ。

ホームセンターで買えば、袋なしで少し安く買える。

マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524

マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524

  • メディア: ホーム&キッチン
 

袋は無くても、バスタオルなどで包むだけで十分。



靴下編みとラグビー大好き

靴下を編み始めた。

 

saho-tamura.hatenablog.com

 

今回使ったのは2種類の余り毛糸。

f:id:saho-tamura:20191203143133j:image

ちょっと写真では分かりにくいのだが、左のは白、グレー、黄、茶のマダラ模様。右のは明るめの緑。

この色を見て、ピーン!

 

f:id:saho-tamura:20191203143308j:image

スプリングボクス風靴下〜♪

子どもがオールブラックスとボクスのファンなので…

喜ばれました。

もう片方も今、作成中。

爪先が冷えてはなかなか夜も眠れない。

部屋では暖かい靴下をはいてワールドカップを思い出すのも楽しい。