Something New

教育、映画、本、アロマテラピー、俳句、環境問題、人権問題など気になったことをどんどん書いて、知識のアップデートを図ります。

ふるさとは遠きにあって想うもの、新たな土地にはロマンがある。

かつて1年だけ、小学校の時に家族の仕事でドイツの村に住んだことがある。

小さな村なので日本人学校もなく、もちろん現地校。

f:id:saho-tamura:20191113074715j:plain

言葉もわからず飛び込んだ世界だったが、

私にとったら新しいことの連続でとても楽しい日々だった。

小さなその村は40年たった今でも鮮烈な思い出として残っている。

後日、大人になってからその村を訪ねた。

懐かしい景色はだいぶ残っていた。

しかし、知った人には出会うこともなく(突然行ったからだが)、

変わってしまったところも目についた。

やはり、思い出のある場所には行かず、

想うだけにとどめておくのが美しいのかもしれない。

住みたいところとして選ぶのは、未知のところが良い。

その方がロマンがある。

私はそういう意味で、「特別な街」としては住んでいたポルトリンゲンをあげる。

しかし、住みたいところとしては、

日本のどこかの山の奥深くで方丈を営みたいと思っているのだ。

今でもあるのだろうか。

人の手の入っていない、だれのものでもない土地は。

f:id:saho-tamura:20191113073941j:plain

そんなところでひっそり閑として、訥々と暮らしてみたい、

これが夢見る暮らしたい所である。

 

しかし、これでは街ではない。

暮らしたい街を一つあげるとするならば。

江戸時代の城下町だろうか。

f:id:saho-tamura:20191113074126j:plain

長屋でいい。

先ほどの方丈とは180°変わるが、近所の人々との暮らしが近く、

様々なものをシェアして暮らす。

水だってシェア。

洗濯も近所の人と一緒に。

プライバシーを守るのは難しそうだが、楽しそうでもある。

子育てだってしやすいだろう。

さらにエコ。

江戸時代の暮らしぶりをのぞいてみたい。

シェアハウスはそれに近いかもしれない。

シェアハウスでできている街、そこが今は「住みたい街」かもしれない。

f:id:saho-tamura:20191113074417j:plain

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街
by リクルート住まいカンパニー