未来のコンパス

教育、環境問題についての思いや学びについて綴ります。

歳時記を手元に

今週のお題「575」

歳時記を 手元に置いて 始めよう

俳句は母から

わたしが高校生の頃、母が俳句を始めました。

句会に入って、せっせと作句していました。

その影響で、わたしも就職した頃から少しずつ作り始めました。

f:id:saho-tamura:20210617191851j:plain

お〜いお茶」の俳句大賞に応募したりしています。

それなりに賞をもらうこともあります。

でも、独学といえるほど勉強しているわけでもありません。

だから、年がたつにつれて良い句が作れなくなってきました。

ネタが尽きる、という感じでしょうか。

歳時記をめくる

ネタ探しのために歳時記をめくるようになりました。

知らない言葉がたくさん出ていて面白いです。

f:id:saho-tamura:20210617191807j:plain

日本語の世界も、豊かでも知らないと使えませんね。

もっと知りたいと思います。

Instagramでも

写真を撮って合わせた句を、Instagramに投稿することを昨年は続けていました。

でも、良い写真と良い句がちょうどよくできることが難しいです。

f:id:saho-tamura:20210617191723j:plain

今はちょっと休んでいます。

それでも、同様に投句している人がいるので、見ると勉強になります。

また勉強

やはり何かもう少しちゃんと勉強したほうがいいかな、と思い始めました。

積読の山を早く解消して、図書館で俳句の本を借りたいと思っています。

f:id:saho-tamura:20210617191939j:plain

豊かな日本語、自分の気持ちをぴたりと表現する言葉選び。

それができるように勉強したいと思います。