未来のコンパス

教育、環境問題についての思いや学びについて綴ります。

学習

ルーティンの見直しは〇〇から

疲れは気づかぬうちに そこから回復するには? 子どもにも教えよう 疲れは気づかぬうちに イベントが続いたり、仕事が立て込んだりすると目の前のことで心がいっぱい。 自分の疲れに気がつかないことがしばしばあります。 私は、ここ数日外出が続いて、疲れ…

残り3ヶ月、どう過ごしますか

今年も残り3ヶ月になりました 残り3ヶ月、目標見直しのしかた 目標が決まれば、行動も決まる トライすることが決まったら 今年も残り3ヶ月になりました 年度でいうと、ちょうど半分過ぎました。 今年も目標を立てたことと思います。 覚えていらっしゃるでし…

システムチェンジ〜コンビニの食品ロスから

コンビニの食品廃棄 見切り品から買う 食品を買うときに 売り切れはめでたい システムチェンジは外から? コンビニの食品廃棄 オリンピックでも話題になった食品ロス。 それが身近なコンビニで大量にでていることも今では知られるようになってきました。 今…

政府に声を届けよう

第6次エネルギー基本計画 今回のエネルギー政策について パブリックコメントってどう書くの? 第6次エネルギー基本計画 第6次エネルギー基本計画案をご存じでしょうか。 エネルギー政策とは、国でどんなエネルギーをどれだけ使うかを決めるものです。 今パ…

教員の働き方改革は子どもたちを幸せにする

教員の働き方について 田中まさお先生の裁判の結果 残業代をなぜ請求するのか 教員の働き方は直接子どもたちの教育に 教員の働き方について 最近、ようやく知られるようになってきた、教員の厳しい勤務。 3~4時間の残業は普通ですが、残業代も出ないと言う…

親ガチャという言葉

親を選ぶ 自己責任論 ゼロトレランス 親を選ぶ 最近気になる言葉に「親ガチャ」という言葉があります。 この言葉がどこからきたものか私は知りません。 しかし、それを聞いた時、あまりにも命に対する敬意が欠けているように感じました。 のぶみ氏が述べた「…

コンドルセから見る教育のあり方

コンドルセの思想 コンドルセの「教育」 新しい社会をつくる力 参考文献 コンドルセの思想 新しい世代は古い世代をのり越える権利を持っている なんとも素晴らしい言葉だと思いませんか。 未来への明るい展望がひらけてくるようです。 この言葉はコンドルセ…

理想の家と住みたい場所

今週のお題「住みたい場所」 1年生の図工から 理想のおうちに必要な条件 もっと現実的になると 1年生の図工から 1年生の図工で、住みたい家を作る夢の家づくりの授業があったと記憶しています。 身近な材料を使っての工作です。 滑り台や脱出口、動物の形の…

想像して社会の学習に

今週のお題「住みたい場所」 生活のことを考える 買い物、ゴミの出し方 水の問題 建物の構造や材質 社会科の学習に 生活のことを考える 実際に住むとなるとそこには生活が生まれます。 その時にどのようなことをしなければならないかを考えると社会科の学習…

カムイ伝で民衆心理を考える

今週のお題「一気読みした漫画」 白土三平『カムイ伝』 百姓一揆が起きる背景 権力者は民衆をどう見るか 白土三平『カムイ伝』 白土三平の『カムイ伝』を読んだことがあるでしょうか。 わたしは昨年ごろ一気読みしました。 『カムイ伝』は江戸時代の百姓一揆…

フィクションから学ぶには

今週のお題「一気読みした漫画」 ベルサイユのばら フィクションを鵜呑みにすると 漫画で学ぶには ベルサイユのばら 言わずと知れた少女漫画の名作「ベルサイユのばら」。 ベルサイユのばら 全5巻セット 化粧箱入り (集英社文庫(コミック版)) 作者:池田 理代…

手塚治虫『ブッダ』と漫画化

今週のお題「一気読みした漫画」 手塚版が土台 わたしは、ブッダの考え方が好きです。 ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫) 作者:手塚 治虫 潮出版社 Amazon ブッダが「自分のことを信仰の対象にしてはならない」との言葉に共感します。 ですから、本来…

子どもを大事にするならば

今週のお題「100万円あったら」 子育てはお金がかかる 高等学校無償化は? 大学は? 子どもを大事にするならば 子育てはお金がかかる 子育てではお金がかかるのは皆さんご存じの通りです。 無償のはずの義務教育でも、制服代、各種教科用品、PTA会費などかか…

クリティカルシンキングとトライアンドエラー

今週のお題「100万円あったら」 クリティカルシンキング 問いを立てる力 間違えても良い クリティカルシンキング 教育ではクリティカルシンキングが大切です。 何事もまずは疑ってみることを学びましょう。 大学ではまず最初に学ぶのではないでしょうか。 ク…

権利が保障される時代

映画『HOKUSAI 』から 表現の自由 人権が保障される時代 自由は権利 信仰と科学 映画『HOKUSAI 』から hokusai2020.com 葛飾北斎。 聞いた方がほとんどでしょう。 それでも詳しく知っている方は少ないかもしれません。 わたしもそうです。 もちろん映画はフ…

図書館で充実読書ライフ

今週のお題「575」 図書館を 使い倒して みるならば 図書館に行く時間がない 図書館もだんだんと遅い時間までやってくれるようになりました。 ベストセラーはなかなか順番待ちが長くなります。 本の名前を見るのも楽しい。 まずはフロアをゆっくり見て回るの…

歳時記を手元に

今週のお題「575」 歳時記を 手元に置いて 始めよう 俳句は母から わたしが高校生の頃、母が俳句を始めました。 句会に入って、せっせと作句していました。 その影響で、わたしも就職した頃から少しずつ作り始めました。 「お〜いお茶」の俳句大賞に応募した…

やらないと忘れます

久しぶりに歌に挑戦 歌い方のコツ やらないことは忘れる 久しぶりに歌に挑戦 stand.fmを始めました。 そこでフォローしているラジオドラマチャンネルがあります。 そこで、『レ・ミゼラブル』の「民衆の歌」を歌う人の募集がありました。 内容はオリジナルの…

楽しむことの強み

ラグビー日本代表戦から 楽しむ教育的意義 間違えたら大人がほめる ラグビー日本代表戦から 2021年6月12日(土)、1年と8ヶ月ぶりにラグビー日本代表の試合がありました。 www.jsports.co.jp 海外勢との戦いを控え、国内メンバーで再編成されたサンウルブズ。 …

17音の広い世界

今週のお題「575」 はてブロが 待ってる投稿 してあげる 想像力と共感 俳句作りは語彙力勝負 国語教育の充実 想像力と共感 俳句、短歌を学ぶのは小学生の時です。 それでも、正直言って難しいのが現状です。 なぜなら、小学生には経験が圧倒的に足りないから…

その教育法、大丈夫?

素手でトイレ磨く この流れを作ったものを知る 黙食・黙掃の気持ち悪さ 素手でトイレ磨く 一時期はやった、「素手でのトイレ磨き」。 PTAが取り組んだり、教員が研修でやったりニュースになったこともありました。 子どもにやらせる取り組みも報道されました…

大学入試改革問題はまだ終わらない

まだ動いている入試改革 対話と会話 ソクラテスの対話法 英語の民間試験と学習指導要領 まだ動いている入試改革 皆さんも、共通テスト型問題を生徒に解かせた後、「正解に納得いかないのがあれば後で言いにくるように」と言ってみて下さい。すると「この問題…

英語と日本語で聴く

今週のお題「わたしのプレイリスト」 ゴダイゴ ディズニーソング 英語のリズムに慣れる ゴダイゴ わたしは英語が苦手でした。 中学校の頃は発音だけは良かったのです。 ラジオ講座を聴いたり、ドイツに一年弱住んでいたりしたことも影響したと思います。 で…

幼稚園創設者に見る教育

幼稚園の生みの親 フレーベルの教育観 教育全般について 教育の方法について 解説より 教員のあり方について フレーベルに学ぶ 今の教育のあり方にも疑義 教育方法としての遠足 幼稚園の生みの親 幼稚園(Der Kindergarten)を創設したドイツの教育者、フレー…

アーティストの活動を知る

今週のお題「わたしのプレイリスト」 メッセージ性のあるものを 映画から知る スター集結 韻を踏む美しさ メッセージ性のあるものを 海外ではアーティストが自分の政治的スタンスや、政治運動について発信します。 古くはライブエイドから最近ではコロナで影…

地球には国境線はない

今週のお題「雨の日の過ごし方」 早くも梅雨 実はもっと身近に 国境がないからこそ 早くも梅雨 関東地方以北ではまだですが、東海以南では梅雨入りしました。 いつもよりずっと早い梅雨入りです。 tenki.jp これは、インド洋の気候の変化が影響しているよう…

書くことと話すこと

最近のSNSから 書くこと話すことが身近に 基本は変わらない 最近のSNSから TwitterやFacebook、Instagram、YouTubeなど利用されている方も多いと思います。 わたしはもっぱら、Twitter、Facebook、Instagram以外は見るだけです。 でも、もちろん発信すること…

もっと進化させたいエネルギー政策

やる気が見えない行政 不透明な取引 2013年から46% 再エネ応援のために やる気が見えない行政 おぼろげながら浮かんできたんですよね46という数字が…という発言。 この大臣を筆頭に、全くやる気の見えないエネルギー政策。 www.nikkan-gendai.com 再エネ化…

不易と流行

Society5.0 時代の変化に合わせた教育 子どもにつけるべき力 実際の調べ学習はデジタルか 流行に流されず Society5.0 Society5.0、耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。 来たるべきデジタル時代。 それを前提とした言葉です。 それをもとに学校…

公教育のあり方

朝日新聞の記事から 公教育の「公」 インフラとしての学校 今年は選挙の年 朝日新聞の記事から 興味深い記事を見つけました。 「学校と親の距離」という見出しです。 朝日新聞を購読されている方は、2021年5月18日の朝刊で読めます。 www.asahi.com はじめは…